浸水時は排水機で短期間排水を

工業地域の浸水被害に対処する

工業地帯の浸水被害を防ぐには

工業地域で浸水被害を受けた場合には排水機によりできるだけ短期間で排水を行うことが重要です。集中豪雨や台風などの影響で河川が氾濫したり下水道があふれることがあります。増水してあふれた水が工場などに流入すると大きな被害をもたらします。水に浸っている間は工場を操業することができません。また浸水により機材が故障することもあります。その他にも工場を操業するための材料が使用できなくなったり、工場自体が使用不可能となった場合には従業員を解雇する必要も出てきます。工業地域が浸水した場合には排水機を使用して可能な限り短期間で排水を行う必要があります。より早く侵入した水を排水することで、工場の被害を抑えることができます。もちろん集中豪雨などが起きた場合でも浸水被害が起こらないように工場の立地に気をつけるなど事前の対策を講じておくことも重要です。一方で工場の経営を安定して行うためには、浸水が起きてしまった場合も想定して十分な備えをすることが求められます。工業地域の浸水被害から短期間で立ち直るためには、排水機の設置や行動マニュアルを作成するなど事前の対策が必要になります。浸水被害が起きた場合にどのように行動すればよいかを決めておくことで、迅速に対応し被害を最小限に抑えることができます。

↑PAGE TOP