家庭でできる浸水対策

浸水対策は、家庭でもできます。台風や大雨などによりひきおこされる被害を少しでも抑えるためにいは、初期段階や推進の低い小規模状態で行うことが大切です。家庭で行う場合には、ごみ袋や段ボールを使った方法があります。土のうの代わりにゴミ袋に水を入れて使用します。破れるようであれば、重ねる枚数を増やしていきます。ポリ袋の代用もできます。段ボールにこの簡易水のうを敷き詰めることで強度を増やし、安定させることができます。

↑PAGE TOP